伝 畠山義続 伝 武田信玄 肖像画 長谷川等伯画 高野山成慶院所蔵

辻が花染の小袖の上に素襖をまとい、堂々たる姿と面構えは、戦国武将の代名詞ともいえる。
以前は、信玄と言えば、教科書にもこの肖像画が掲載され、そのイメージで固まっていた。
しかし、近年、この絵は別人であったという説が提議され、それが有力視されており、
世間を驚かせた。
人間、一度固まったイメージを覆すのは中々難しい。
また、信玄ファンとしてはこの肖像画であって欲しいという願いがあるのだろうと思う。

歴史は新たな発見と共に、時代とともに変わる。

小袖絵巻