帯の力点



小袖の帯の力点(圧力がかかる箇所)は、
いかに帯巾が変わろうとも、時代を通じてBでありました。
Bにひっかけるように結んで、Aに帯がかかったとしても
そこには空間を残していたのです。
帯巾が広くなった江戸時代後期には、そこは小物を入れるポケットにもなったのです。

現在の着方は、補正ということで まずタオルなどを巻いて、
ウエストラインを消した上に Aから@にかけて帯を巻きます。
これでは、体への負担が大きく、動きにくいばかりでなく
長時間、その状態でいると危険といえるでしょう。