直垂(ひたたれ) 西宮神社祭礼時に着用

庶民の普段着として発生したのではあるが
鎌倉時代、武士に好んで着られ、室町時代には式服に昇格した。
江戸時代にはさらに昇格し、大名以上(四位)でないと着用が許されなくなる。
(ただし、大紋として)






当初は、上衣だけを直垂と称したが、形式昇格に従い
同じ生地の袴とセットで着用するようになり、裃で直垂と言うようになる。
いわゆるスーツ化したわけだ。

袖口は全開。
また、袖巾は広く、奥袖(一巾)に端袖(半巾)を継いでいる。
当時の小袖は、肩巾が広く 袖巾が狭い。
それに対して、
直垂は、肩幅がせまく、袖巾が広いので寸法的には逆になる。

袖口の紐を括れるようになっているが形式化した。
(ただし、相撲の立行司さんは絞っている)
衽(おくみ)はなく、紐を結んで衿が開かないようにする。

小袖絵巻